わたしに持たすの

わたしに持たすののアイコン

「セイっ!セイっ!」

狭い家の中で腕立て伏せをしながら旦那がセイっ!セイっ!言っている。とても不快です。

 

「スーパーに買い物行って来るね。」

汗だくの夫に告げる。

 

「あ、俺も行くよ。」

珍しいな。買い物に付き合ってくれるなんて。

 

 

 

「買い物メモを確認。買い忘れないな。」

今日は旦那が来てくれたから助かる。レジで会計を済ませ買った物を袋につめた。

 

「セイっ!セイっ!」

正拳突きをしながら店を出ようとする旦那。

 

「ちょっと待って荷物持ってくれないの?」

先に店を出て行ってしまう旦那に叫んだ。

 

「セイっ!セイっ!」

中段突きをしながらすり足で先に帰ろうとしている…。

 

わたしに全部持たすのかよ!」