割と本気

割と本気のアイコン

同級生が珍しく頑張ったねとか言って褒めてくれた。

 

急に褒めて来やがったので何て返事しようかなと迷った。

割と本気でやってたから。」

俺はそう呟いた。

 

同級生はすでに下校した後だった。

あれ、誰も聞いてない。俺は赤面した。

 

ガタッ

 

振り向くと半笑いで俺を見ている奴がいる。

もはや一本背負いでそいつを黙らせるしか方法がなかった。